最大450万円補助

IT導入補助金を活用したITツール
導入支援サービス

コムデックならIT導入補助金を活用して低価格で
ITツール導入、運用支援まで一気通貫でサポート。

ご相談・お見積はこちらから
IT導入補助金2022 先行予約受付中!
IT導入補助金を活用したITツール導入支援サービス

ご存知ですか?

IT導入補助金は、ソフトウェアやクラウドツールの導入費用や導入に関わるサポート費用の1/2~3/4、最大450万円が返ってきます!
さらに、デジタル化基盤導入類型ならクラウドツールの利用料最大2年間分が補助対象!※A・B類型は最大1年間分

IT導入補助金_サポート費用表IT導入補助金_サポート費用表
IT導入補助金とは?
IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが
自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、
みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。
自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、
把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、
業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていただくことを目的としています。
IT導入補助金とは?IT導入補助金とは?

コムデックに申し込んでいただくメリット

補助金の申請、ITツールの導入、カスタマイズまで
コムデックでは一気通貫でサポートさせていただきます。

  • 豊富な導入実績豊富な導入実績

    豊富な導入実績

    コムデックでは、豊富なクラウドサービス導入実績と、IT導入補助金創設時より関わっている経験から、中小企業の業務・生産性改善をITの側面から強力に御支援するサービスを展開させていただいております。

  • 充実のサポート充実のサポート

    充実のサポート

    コムデックは、適切なクラウドサービスの選定、導入支援、システム開発、ネットワーク構築・保守、サポートまで豊富なノウハウよりサポートします。また、ただツールを導入するだけではなく、自社分析とITツール導入による成長ストーリーをご提案させていただきます。

  • 補助金申請の高い採択率補助金申請の高い採択率

    豊富な導補助金申請の高い採択率

    2021年度は34件のお客様にお申込みいただき、全体の採択率60%を上回る70%の採択率でした。4次申請・5次申請では100%の採択率を記録!審査がより厳格化している中、どのような申請が通過しやすいのか、どこに重点を絞るべきか等を徹底的に考察して申請内容に反映させておりますので、高い採択率を実現しています。

2021年度IT導入補助金採択事例

コムデックはIT導入補助金の申請を含めて、
お客様のIT化、業務効率化を全力でサポートしております。

CASE 01建設業 従業員10名 K社様の事例

BEFORE建設業 従業員10名 K社様の事例建設業 従業員10名 K社様の事例
  • ・現場ごとの予算の消化状況を知るためには、都度紙資料やエクセルの集計を行う必要がある
  • ・現場監督と経理で仕訳ける科目が異なる為、工事台帳を複数作成している
  • ・協力会社への支払金額を確定させるために、支払査定を手動で行っている
  • ・過去工事の原価管理が正確ではないため、見積の精度が低い
  • ・顧客からの入金残がわからず、資金繰りの予定が立てられない
AFTER建設業 従業員10名 K社様の事例建設業 従業員10名 K社様の事例
  • ・登録された経費情報を元に、自動で現場ごとの原価が集計され、リアルタイムな予算の消化状況が把握できるようになった
  • ・現場向けの工事台帳と経理向けの工事台帳が自動で作成されるため、手間をかけて別の台帳を作成する必要がなくなった
  • ・協力会社からの請求と、協力会社分の経費を自動で相殺できるようになった
  • ・入金残が自動集計され、資金繰りの予定が立てやすくなった
導入ツール導入ツール 合計 1,765,000円
  • kintone
  • 建設業業務改善パッケージ導入初期費用
  • 建設業業務改善パッケージ利用月額費用
  • MoneyForwardビジネス
  • Dropboxbusiness
  • kintoneオプションツール(krewData)
  • kintoneオプションツール(krewDashboard)
  • kintoneオプションツール(krewSheet)
  • kintoneオプションツール(カレンダープラス)
サポートサポート 合計 1,580,000円
  • kintone導入サポート
  • MoneyForward給与導入サポート
  • Dropbox初期操作指導
  • Dropbox保守サポート
負担額
  • 合計金額3,345,000円
  • 補助金2,230,000円
  • 実質負担額1,115,000円

CASE 02社労士法人 従業員30名 D社様の事例

BEFORE社労士法人 従業員30名 D社様の事例社労士法人 従業員30名 D社様の事例
  • ・手続きに応じて発生するタスクが毎月どれくらいあって、いつまでに何件処理しなくてはならないかがわからない
  • ・現在の手続・タスクの進捗がどうなのかがわからない
  • ・だれが担当者なのかはっきりしていない、タスクの実施タイミングの管理が属人的になっている
  • ・タスクの登録漏れ、処理の抜け漏れがある
  • ・複数のExcelやスプレッドシートで顧問先の情報管理やタスク管理をしており、情報が分散している
AFTER社労士法人 従業員30名 D社様の事例社労士法人 従業員30名 D社様の事例
  • ・仕事に関する情報がkintoneに一元化され、脱Excel・スプレットシートを実現
  • ・手続に応じたタスクが自動作成されるようになり、処理の抜け漏れがなくなった
  • ・会社全体のタスク量や担当者ごとのタスク量・各タスクの進捗の見える化が実現した
  • ・蓄積された日報の情報から工数を自動算出し、顧問先ごとに採算を検討できるようになった
導入ツール導入ツール 合計 1,610,000円
  • kintone
  • 社労士業業務改善パッケージ導入初期費用
  • 社労士業業務改善パッケージ利用月額費用
  • kintoneオプションツール(krewData)
  • kintoneオプションツール(krewDashboard)
  • kintoneオプションツール(カレンダープラス)
サポートサポート 合計 1,170,000円
  • kintone導入サポート
負担額
  • 合計金額2,780,000円
  • 補助金1,850,000円
  • 実質負担額930,000円

CASE 03製造業 従業員80名 Y社様

BEFORE製造業 従業員80名 Y社様製造業 従業員80名 Y社様
  • ・全ての業務が紙を中心とした管理となっており、資料の共有や作成に手間と時間がかかる
  • ・案件の状況や工程の進捗は担当者に聞かなければ把握できない
  • ・過去の記録は膨大な紙の資料をめくって探す必要がある
  • ・一つの案件に関する情報を、各部署が必要な形で見るためにそれぞれで資料を作成している
AFTER製造業 従業員80名 Y社様製造業 従業員80名 Y社様
  • ・各案件の情報がkintoneに集約され、紙の資料で共有する必要がなくなった
  • ・集約したデータは、任意の情報に絞った形で表示することができるため、同じ案件について別の資料を作成する必要がなくなった
  • ・工程や案件の進捗状況が一目でわかる状態を実現
  • ・過去の記録も簡単に検索できる
導入ツール導入ツール 合計 2,462,000円
  • kintone
  • 製造業業務改善パッケージ導入初期費用
  • 製造業業務改善パッケージ利用月額費用
  • kintoneオプションツール(krewData)
  • kintoneオプションツール(カレンダープラス)
  • kintoneオプションツール(プリントクリエイター)
  • kintoneオプションツール(フォームブリッジ)
  • ハードウェア
サポートサポート 合計 2,080,000円
  • kintone導入サポート
負担額
  • 合計金額4,542,000円
  • 補助金3,028,000円
  • 実質負担額1,514,000円

CASE 04不動産業 従業員5名 R社様

BEFORE不動産業 従業員5名 R社様の事例不動産業 従業員5名 R社様の事例
  • ・物件情報、オーナー情報、入居者情報、契約情報をExcelで管理しており、最新情報に更新するのに手間がかかる
  • ・請求書を作成する際、毎回オーナー・入居者の名前や住所を調べている
  • ・お問い合わせの電話がたくさん来るが、どんな問い合わせが来たのか、対応済みなのかどうか管理できていない
  • ・入居や退去の手続きの進捗がわからない
AFTER不動産業 従業員5名 R社様の事例不動産業 従業員5名 R社様の事例
  • ・物件情報とオーナー情報、入居者情報、契約情報がkintone上で紐づき、いつでも最新の情報を確認できるようになった
  • ・検索すればすぐ対象の情報にアクセスできるため、手間なく更新できるようになった
  • ・どの問い合わせに対応済みで、どれにはまだ対応できていないのかが管理できるようになった
  • ・手続きの進捗状況が一目でわかるようになった
導入ツール導入ツール 合計 1,060,000円
  • kintone
  • 業務改善パッケージ導入初期費用
  • 業務改善パッケージ利用月額費用
  • Dropboxbusiness
  • LINE WORKS 
  • カイクラ
サポートサポート 合計 1,830,000円
  • kintone導入サポート
  • Dropbox初期操作指導
  • カイクラ環境構築
  • Dropbox保守サポート
  • カイクラ保守サポート
負担額
  • 合計金額2,890,000円
  • 補助金1,926,000円
  • 実質負担額964,000円

生産性向上を実現するITツール

営業支援や顧客管理、生産性を向上させる
様々なITツールがあります。

kintone

kintone業務改善プラットフォーム

kintoneは開発の知識がなくても、最短3分で業務アプリの作成が可能な
クラウド型業務アプリ開発プラットフォームです。

Money Forward

Money Forwardバックオフィス業務
効率化ツール

会計から人事労務までクラウドでDXを推進。
確定申告、経理や人事労務の面倒な業務を
効率化します。

Dropbox Business

Dropbox Business容量無制限のクラウドストレージサービス

容量無制限でデータを共有でき、優れた高速な同期機能を有し、
堅牢なセキュリティを備えたクラウドストレージです。

LINE WORKS

LINE WORKSビジネスチャットアプリ

「LINE」の使いやすさと、業務上のコミュニケーションに求められる
機能性と高い安全性を両立したビジネスチャットアプリです。

KING OF TIME

KING OF TIMEクラウド勤怠管理システム

紙のタイムカードやExcelで煩雑化した勤怠管理を自動集計で効率化。
複数拠点でも
リアルタイム一括管理できます。

カイクラ

カイクラ顧客接点クラウド

お客様からの電話の着信時に、お客様情報が表示され、
表示される情報を活用して電話対応を行うシステムです。

IT導入補助金申請支援の流れ

補助金申請~ITツール導入、カスタマイズまで
サポートさせていただきます。

STEP01

お問い合わせ

お問い合わせフォームより、貴社の業務課題や、すでにお決まりの場合には導入ご希望のツールについてご連絡ください。

STEP02

お打合せ日程調整

弊社担当より、お打合せ日程等についてご連絡させていただきます。

STEP03

ツール選定・お打合せ

お打合せにて現状の貴社の課題をお伺いし、課題に合わせた最適なツールをご提案させていただきます。
各ITツールの機能・効果のご説明に加えて、概算見積をおつくりしますので費用感をご確認いただくことが可能です。
※ライセンスの販売だけではなく、ITツールが定着するところまでサポートを行うプランもございます。

STEP04

申請事前準備

申請に必要なgBizIDの取得を実施いただきます(2週間~1か月程度かかります)。
履歴事項全部証明書等、その他申請に必要な書類等をご案内させていただきますので、ご準備をお願いします。

STEP05

申請

マイページを開設し、弊社IT導入補助金申請チームと申請内容を確認しながら申請を実施します。

STEP06

採択およびライセンス手配

採択され次第、各ライセンスの手配、サポートを実施して参ります。
補助金採択に伴うご請求や実績報告依頼等のご連絡は、IT導入補助金事務担当よりメールにてご連絡させていただきます。

STEP07

補助金の交付

実績報告完了後、補助金事務局の審査を経て補助金が交付されます。その後、1年ごとの後年報告はお客様にて実施いただきます。

よくあるご質問

Q補助金の期限はあるのでしょうか。
Aはい。公募の有無や締め切りがございますので、お早めに検討されることをお勧めします。
補助金の期限については、詳細はIT導入補助金2022年ホームページにてご確認ください。
Q具体的には決めていませんが、
相談は無料でしょうか。
Aご相談は無料で承っております。お気軽にお問い合わせください。
Q対応していただけるエリアは
決まっているのでしょうか。
A全国対応させていただいております。お気軽にお問い合わせください。
Q補助金額は
どれぐらいなのでしょうか。
A上限450万円から下限5万円となっています。各類型により上限額、下限額や補助率が異なりますので、詳細はIT導入補助金2022年ホームページをご覧ください。
Q補助の対象者を教えてください。
A中小企業(飲食、宿泊、卸、小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)が対象となります。
Q申請に手数料はかかりますか?
A補助金が採択された場合に、類型に応じて手数料を頂戴しております。
金額についてはコムデックにお問い合わせください。
Qホームページの作成はできますか?
Aコーポレートサイトの制作は補助事業外となります。
ECソフトの導入に限って、デジタル化基盤導入類型で対応可能です。
Q自社に合ったソフトを作ってほしいのですが、可能ですか?
AIT導入補助金は、市販サービス・ソフトウェアの利用が前提でありカスタマイズや新規制作は補助対象外となります。
※kintoneによる業務改善アプリ作成は対象内です。
Q紹介ツールに中に無いツールをIT導入補助金を使って導入したいのですが…
A「IT導入支援事業者(コムデック)」がIT導入補助金事務局へ登録申請し、審査を経て登録されたITツールのみが利用可能です。
本ページにてご紹介しきれていないツールもございますので、詳細はコムデックにお問い合わせください。
Q過去にIT導入補助金を利用していますが、今年度も使えますか?
A過去採択があっても申請が可能です。
ただし、デジタル化基盤導入類型は過去3年以内に採択があった場合には減点措置となります。
QSECURITY ACTIONとはなんですか?
ASECURITY ACTIONとは、安全・安心なIT社会を実現するために中小企業自らが、情報セキュリティ対策に取組むことを自己宣言する制度です。
今年度はSECURITY ACTIONのID入力が必須となっていますので、お早めに★2を取得ください。
詳細は以下公式サイトをご確認くださいませ。
https://www.ipa.go.jp/security/security-action/
QgBizIDとはなんですか?
AgBizIDとは、1つのID・パスワードで様々な行政サービスにログインできるサービスです。
2020年度のIT導入補助金よりgBizIDを利用して交付申請等を行うため、必ず「gBizIDプライム」の取得が必要です。
発行までにお時間がかかりますので、IT導入補助金のご利用を検討されていらっしゃいましたらお早目の取得をお願いいたします。
取得方法等は公式サイトをご確認くださいませ。
https://gbiz-id.go.jp/top/
Q賃上げ要件は必須ですか?
AB類型では必須要件となります。
A類型では必須ではありませんが、表明することで加点対象となり、採択率が向上します。
デジタル化基盤導入類型では、2022年3月19日現在必須ではないことが判明しています。
Qハードウェアだけ導入したいのですが…
A申し訳ございませんが、ハードウェアのみでのIT導入補助金活用はできません。
生産性を向上させるITツールとセットで導入する必要がございます。
QITツールの費用はどのタイミングで支払うのでしょうか?
AIT導入補助金では、原則採択が決定した後にお支払いいただく形となります。

企業情報

会社名 株式会社コムデック
所在地 〒516-0007 三重県伊勢市小木町484-1
連絡先 TEL 0596-31-1100
MAIL info@comdec.jp
役員 代表取締役 樋口 雅寿
専務取締役 生田 智之
創業 1997年11月
資本金 10,000,000円
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 伊勢支店
第三銀行 八間通支店
百五銀行 伊勢支店
従業員 社員数14名(男性:10名、女性:4名、平均年齢31歳)
TDB企業コード 470129969
会社法人番号 1900-01-007694

ご質問・ご相談などございましたら、
お気軽にお問合わせください